グループの取組み

トレードグループは野菜流通の構造改革を目指し、さまざまなビジネスを展開しています。ここでは、卸売市場間の取引や植物工場ビジネス、野菜のブランド化など、多岐にわたるトレードグループの取組みをご紹介します。

野菜のブランド化

農業の活性化には野菜のブランド化が欠かせません。産地の特徴や歴史
など地域固有の資源をはじめ、高い品質の野菜を安定的に供給できる独自の流通システムを構築、統一感のあるデザインやパッケージで差別化を図り、付加価値を高めることで消費者の支持と信頼を獲得することが必要です。
その取り組みとして株式会社トレードは、京都府内の農家から価値ある野菜を仕入れ、京野菜ブランド「洛市」として直販事業を展開しています。
グループの総合力を活用したバリューチェーンで、高付加価値でバラエティ豊かな商品をお届け。京都庶民の“おばんざい”を気軽に楽しんでいただけるよう、相場に左右されない安定価格で全国に販売し、和食文化の源泉である京野菜を日本全国に普及させることが洛市のミッションです。

  • 詳しくは洛市のウェブサイトをご覧ください。

株式会社スプレッドでは、世界最大の完全閉鎖型植物工場「亀岡プラント」にて生産した野菜を、植物工場産野菜ブランド「ベジタス」として全国のスーパー・百貨店等に販売しています。また、その安定した高い品質と安全性からレストランや飛行機の機内食など業務用としても使用されており、高い評価を得ています。

  • 詳しくは株式会社スプレッドのウェブサイトをご覧ください。
  • 詳しくはベジタスのウェブサイトをご覧ください。
ページの先頭へ