グループの取組み

トレードグループは野菜流通の構造改革を目指し、さまざまなビジネスを展開しています。ここでは、卸売市場間の取引や植物工場ビジネス、野菜のブランド化など、多岐にわたるトレードグループの取組みをご紹介します。

野菜の取引

野菜栽培は天候や気温などの外的要因に大きく左右されるため、全国の卸売市場に入荷する野菜の品目・量は日々異なります。
そこで発生するのが、品目毎に「A市場では多く入荷(供給過多)」「B市場では不足(供給不足)」といった『需要に対する過不足』です。
株式会社トレードは、これらの情報を日本全国約300の卸売会社から素早く収集し、需要に対して「多く入荷したA市場」から仕入れ「足りないB市場」へ流通させて野菜の需給バランスを保っています。

  • 詳しくは株式会社トレードのウェブサイトをご覧ください。

また、株式会社ディールでは、仲卸業者間を中心とした売買取引をしています。卸売市場とは異なり仲卸業者はスーパーや外食などの小売りの取引先が多く、高品質な野菜が求められているため、常に価格や品質が変動している卸売市場の商品だけでは取引先の要望に対応できません。
ディールでは全国の産地業者と協力することにより仲卸業者へ高品質な商品を安定供給できる体制を整えています。

  • 詳しくは株式会社ディールのウェブサイトをご覧ください。
ページの先頭へ