グループの取組み

トレードグループは野菜流通の構造改革を目指し、さまざまなビジネスを展開しています。ここでは、卸売市場間の取引や植物工場ビジネス、野菜のブランド化など、多岐にわたるトレードグループの取組みをご紹介します。

野菜を作る

野菜の命ともいうべき鮮度。一般的な物流とは異なり、野菜の物流は環境変化に敏感な生鮮食品として多くの専門的な知識が必要であるものの、多くの場合は鮮度に対する意識が低く、コスト重視の物流体質になっています。
株式会社クルーズは野菜に特化した物流企業として、効率的な配車計画と日本全国の主要都市を結ぶ広範囲な物流ネットワークを利用してスピーディーに配送しています。また、365日24時間対応の冷蔵保管設備を有する多機能型物流センターを設置し、配送業務と保管業務を一元化、ユーザーの求める様々な物流ニーズに対応しています。
今後は物流センターを全国に展開し、生鮮食品物流のプロとして広範囲なコールドチェーンを構築してまいります。

  • 詳しくは株式会社クルーズのウェブサイトをご覧ください。
ページの先頭へ