グループの取組み

トレードグループは野菜流通の構造改革を目指し、さまざまなビジネスを展開しています。ここでは、卸売市場間の取引や植物工場ビジネス、野菜のブランド化など、多岐にわたるトレードグループの取組みをご紹介します。

野菜を作る

日本は食料自給率が40%と先進国の中で最も低く、海外への食料依存率も高いのが現状です。さらには農業従事者の高齢化や担い手不足、農地の減少、気候変動による不安定な生産など、「農業」にまつわる問題は山積しています。トレードグループではこれら「農業」の問題を解決する手段として閉鎖型植物工場をスタートさせ、天候や様々な外的要因に左右されず安全で高品質な野菜を安定的に生産しています。
日本の農業を活性化する取り組みとして、若者が楽しく生きがいを持って働ける農業システム、農業を「安定した収益を確保できるビジネス」として将来的に発展させる仕組みづくりを目指しています。
目先だけではなく、農業を次世代に繋ぐこと。日本の農業を革新的な手法で再生し継承してまいります。

  • 詳しくは株式会社スプレッドのウェブサイトをご覧ください。
ページの先頭へ